インフォメーション

2012-09-05 14:59:00

今週の日曜日は重陽の節句です!菊酒飲んで栗御飯を食べましょう!

 

他の節句は有名ですが、昔は盛んだった重陽の節供だけどうして廃れてしまったのかは、九と言う数字が日本では縁起が悪いとして嫌われた事が原因だと言われます。

 

中国の陰陽学では陽(奇数)の極めの数字としてとても縁起が良いとされてます。

 

本来は旧暦の9月でしたから、現在だと10月の菊の季節になる訳です。

 

日本では菊の節句として有名で、菊人形展が習俗として今も残っていますね。

 

菊酒の他にも菊湯に入る風習もあるのですよ。

端午の節句(菖蒲の節句)の時に菖蒲湯に入るのと同じですね!

 

華道の世界でもこの日は特別で、菊のみだけを使った生花(せいか)をいけますのが習わしとなっているのですよ(#^.^#)

 

節句には花が付きもので、上巳は桃の節句で桃の花、そして

端午の節句は菖蒲、人日は七種粥を食べることから七草の節句とも呼ばれます!

 

また菊の節句は平安の頃から貴族そして武士に伝わった行事なので、一般庶民には当時菊は珍しく高値の花でした。

それでその頃収穫出来た栗を代用品にして、

庶民はこの日に栗御飯などを炊いて栗の節句と言って祝ったそうです。

 

五節句は他に人日(じんじつ)一月七日・上巳(じようし)三月三日

・端午(たんご)五月五日・七夕(七月七日)があります。